塾なし高校受験〜うちの田舎メソッド〜

中学受験残念組。進学塾の無い田舎から1校のみの挑戦。桜は咲かず地元の公立中に進んだ。中学受験の内容も知らずに、「落ちた」と言う事実を揶揄し、環境からして無謀だと見下し笑う奴も居た。何故ならうちは田舎の庶民。でも「楽しかった。僕は挑戦する事を止めない。」そう言い切った。常に仲間と明るく楽しく、全力で駆け抜ける中学生男子、ポン助の日常。

道コン前日にやる事

いよいよ新年度だ。

今日も朝から机に向かうポン助。

 

ONLINE春期講習を受講したり

通常通りの学習を進めていた。

 

明日の道コン範囲は

中1の総復習となる。

 

いつもと違う学習内容は

明日の道コンの受験時間と

同じ時間帯で

手持ちの過去問をやる事。

そして

5科目終えてから

丸付けと解き直しをする。

 

これは何度か参加して来た進学塾の

道コン対策講習でもやる所が多いので

行けない時には自宅でやっている。

講師が居ないので

丸付けと解き直しは自力だが

解答解説冊子はあるので

特に困った事は無い。

 

過去問は

早くに入手してあるが

当時の平均点や偏差値

順位表等があれば

ポン助の点数を当てはめて

凡その立ち位置を確認している。

データが無ければ

道コンのHPで

過去問と同じ年度で

同じ月の平均点や

SSの基準となる点数が

公開されている物をチェックする。

 

当日は同じ問題は出ないので

あくまで目安にしかならないが

過去問がある回の時には

こんな感じで

確認がてらやっている。

 

過去問が無い場合は

出題範囲表に沿って

手持ちの問題集各単元の総復習や

まとめの演習問題

テスト形式のプリントをやる。

 

テスト形式のプリントは

いつも定期テスト前に使用して来た

教科書ワークや

ぴったりトレーニングの

付録の物を使用したり

ONLINE塾の単元テストを

コピーした物を使用。

後は問題集に付いている

QRコード読み取り等で入手出来る

購入者特典の問題をダウンロードしたり

色々と使用している。

 

同じ様なまとめ問題を

何種類も繰り返して

単元ごとのパターンを把握している。

 

今回は中1範囲最後なので

過去問が終わったら

ミスのあった単元を中心に

残りの手持ちのプリントも

可能な限り全てやり尽くすらしい。

 

とりあえず

多少余れば裏紙にして

朝学習用のプリントに使用する。

 

 

 

明日はまた峠を2つ越えて

都会まで走ろうか。

 

ポン助のインフル罹患時に1回目

一昨日はアレルギー検査結果と

定期薬を貰いに2回目

そして明日で3回目

2週間のうちに3回も

同じ街に走っている。

片道約2時間

往復約4時間

前回は鹿の飛び出しもあり

叫びながら何とか交わし

何故か暫く鹿と並走(笑)

ポン助は爆笑しながら写真撮影。

「道走らないで山に戻れ〜!」

 

帰りの峠では

久々の雪に見舞われた。

まだ冬タイヤなので安心だが

街灯も家も無い恐怖。

道幅を示す矢印の

スノーポールは

反射型とLED点滅型がある。

吹雪の日の道標となり

何度も救われて来た。

携帯圏外地帯で事故らない様に

注意しながら走行。

 

明日も道路状況を確認して

注意して駆け抜けよう。

私はまた数時間

駐車場で待機予定だ。

 

ポン助の中2シーズンが開幕する。

冬の間はスキー練習の分

遅れを取っていたが

出来る範囲でやって来た。

 

漢検2級 数検&英検4級

このアドバンテージをフルに活かして

都会の天才達の背中を捉えたい。

田舎代表ポン助。

完全アウェイの都会のビルに

また1人で乗り込もう。

 

「緊張はしないよ。ワクワクしてる。」

 

塾内順位も

クラス分けも

何も気にしなくて良い。

自由に楽しく

全力でやり切れば良い。

 

「周りの目なんか気にしないよ。

だって誰も知らないし(笑)」

 

それでいい

そのままでいい。

ポン助らしく

常に挑戦者であれ。

 

 

さあ…

行こうか。