塾なし高校受験〜うちの田舎メソッド〜

中学受験残念組。進学塾の無い田舎から1校のみの挑戦。桜は咲かず地元の公立中に進んだ。中学受験の内容も知らずに、「落ちた」と言う事実を揶揄し、環境からして無謀だと見下し笑う奴も居た。何故ならうちは田舎の庶民。でも「楽しかった。僕は挑戦する事を止めない。」そう言い切った。常に仲間と明るく楽しく、全力で駆け抜ける中学生男子、ポン助の日常。

数検4級結果

8月に受検した

ポン助の数検の速報が

HPで公開された。

4級中2レベル

 

 

無事に合格していた。

 

来月の英検後に

次の3級中3レベルの

テキストを開始する予定だ。

 

一発合格出来たと言う事は

私が寝ぼけて

重複して申し込んでいた

今月末の数検4級の受検料は

完全に無駄になってしまった…(笑)

 

3級に変更も出来ないし

キャンセルや返金も不可なので

当日欠席扱いにするしかない。

とりあえず

私の戒めの為に

勉強料だと思う事にしよう…。

 

「やったー!受かった!」

「頑張ったね!どんどん行こう♪」

 

学校から帰宅後

合格を知り大喜びのポン助。

まだまだこれから

さらなる高みを目指して

楽しく突き進もう。

 

中1も間もなく前期が終わり

後期に突入する。

 

先日

担任の先生からTELが来た。

ポン助に代わり

暫く話していた。

 

後期の生徒会役員に

出てはどうかと打診されたとの事。

 

1年生から2名の枠があり

1名しか立候補していなく

TELの翌日が

立候補者の〆切だったらしい。

 

春にはやっても良いかなと言っていたが

もうやる気は無くなったとの事。

何度も先生に謝罪して

頑なに断っていたポン助。

 

何故なら

もう一人の候補者が

ポン助にとって

1番大嫌いな相手だったからだ。

 

どんなに説得されても

一緒に仕事する気は無いと言った。

それなら別の委員会や

学級委員等で

クラスや学校に貢献したいと

先生にも話して

納得して頂いた。

 

担任の先生には

中学入学時点で

中学受験失敗後の

その同級生とのトラブル等

全て話していたので

無理強いはせずに

ポン助の気持ちを

尊重して下さった。

 

人を嫌わない性格のポン助を

そのくらい傷つけた人物。

一生消える事の無い

深い深い心の傷を負わせた人物。

 

そんな相手と

教室以外でもう関わる必要は無い。

 

我慢して同じ土俵に

わざわざ上がる必要は無い。

 

生徒会役員の肩書きなんか無くとも

先生から個人的に打診される時点で

ポン助に対する信頼が見える。

それだけで充分だ。

 

余計なストレスを増やしてまで

内申点を稼ぐ必要は無い。

 

そもそもそれ以上の

圧倒的な実力があれば

肩書きにこだわる必要なんて無いのだ。

 

本当に信頼されていれば

肩書きがあろうが無かろうが

自然と周りには

仲間達が群がって来る。

勉強を教えてと

頼ってくれる友達も多い。

 

ポン助の周りは

いつも賑やかだよと

同級生の親戚の子が言っていた。

 

それで良い。

心から楽しいと思える仲間達と

笑って過ごせる環境を

わざわざ壊す必要は無い。

 

さあ行こう

この町を出る準備を

ゆっくりと始めようか。

 

ここにこだわる必要は無い。

ここに居ても高校は無い。

大学も無い。

 

あるのはただ

美しい自然と変わらない景色。

 

全ての夢を叶えた時に

胸を張って帰れる様に

 

そんな自分を思い描いて

 

例え無謀と言われても

また誰かに笑われても

また誰かに馬鹿にされても

全て蹴散らして

全力で駆け抜けよう。

 

友達は時に裏切るけれど

努力は絶対に裏切らない。

 

負けるなポン助!

家族は皆

最強のサポーターだからね。

 

数検4級合格おめでとう。

大変良く頑張りました♪