塾なし高校受験〜うちの田舎メソッド〜

中学受験残念組。進学塾の無い田舎から1校のみの挑戦。桜は咲かず地元の公立中に進んだ。中学受験の内容も知らずに、「落ちた」と言う事実を揶揄し、環境からして無謀だと見下し笑う奴も居た。何故ならうちは田舎の庶民。でも「楽しかった。僕は挑戦する事を止めない。」そう言い切った。常に仲間と明るく楽しく、全力で駆け抜ける中学生男子、ポン助の日常。

中2・1学期 期末テスト4日前

先週注文していた

ポン助と私の眼鏡が出来たと

店舗から連絡があり

本日受け取りに行って来た。

2人共かなり

視力が低下しており

眼鏡の度数が変わっていた。

 

私もポン助も

眼鏡を使用していても

0.3程度しか見えて居なかった為

ポン助は数字や文字の見間違いが

何度かあり

悔しいミスをしていた。

 

私も運転中に

標識や看板の文字が見えにくくなり

手元で見るスマホ画面が

年齢の影響でぼやけて来たので

そちらにも対応出来る眼鏡が

必要になった。

 

「おお〜良く見える!」

2人で感動しながら

新しい眼鏡をかけて帰宅。

これで勉強も頑張れるだろう♪

 

帰宅後は

期末テストの学習を行い

主に実技や理科のプリントを

沢山仕上げていた。

 

そして夜は

明日の英検3級2次試験の

受験票に貼り付ける

証明写真を私のスマホで撮影し

自宅のプリンターで印刷。

証明写真の

無料アプリを入れているので

とても簡単に作れる。

検定や受験やスキーのシーズン券など

ポン助も証明写真を使用する機会は

結構あるので

便利なアプリの1つだ。

 

無事に受験票が完成。

後は寝るまで

スマホを使用して

Speaking・面接の練習をしていた。

 

明日は今の実力を全て出し切って

全力で頑張ろう!

 

Fight!!

 

 

 

https://a.r10.to/hP4HDi

https://a.r10.to/hgf8Z0

 

 

https://room.rakuten.co.jp/room_ed76d88e6c