塾なし高校受験〜うちの田舎メソッド〜

2025年高校受験予定の中2息子、ポン助は中学受験残念組。進学塾の無い田舎から1校のみの挑戦。桜は咲かず地元の公立中に進んだ。中学受験の内容も知らずに、馬鹿にする奴も居た。でも「楽しかった。僕は挑戦する事を止めない。」そう言い切った。常に仲間と明るく楽しく、全力で駆け抜ける中学生男子の日常。

復活〜新しい相棒

「も〜あちこち痛くて参ったよ〜。」

「治って良かったね♪」

 

週明けのコロナワクチン接種により

予想通り発熱して

1日学校を休んだポン助。

熱が下がった後も

頭痛や関節痛や倦怠感等

辛い副反応があった様子。

 

丁度インフルエンザが蔓延し

部活は無かったので

学校から帰宅後は安静にしていた。

 

冬期講習テキストが到着したので

体調の良い時に

予習を進めていたポン助。

実力診断テストも到着し

時間を計ってやっていた。

 

ふと

ポン助の机を見ると

デスクマットの中に

何やらこれからの目標を書いて

目に付く場所に入れていた。

私はこっそり写真に収めたが

個人情報満載なので

掲載するには加工必須である。

 

楽しみにしていた

球技大会も延期になり

スキー場オープンも延期になった。

ポン助のクラスの

スキーヤースノーボーダー達は

一緒にがっかりしていたらしい。

延期になっても

オープン初日に

スキー場集合する約束は変わらない。

ポン助は練習終了後に

友達と合流する。

 

「やっぱモテ要素満載なのは

高確率でボーダーかな〜?でも授業は

スキーだから、ボードも楽しみつつ

スキーもある程度は上手くなりたいって

周りのボーダー達皆言ってたよ〜。」

 

だそうだ。

 

「ポン助良いよな〜。

背高いし見た目もまあ悪く無いし

声も低めだし、これでクール系秀才なら

お前モテ確定だよな。でもお笑い系(笑)」

「俺は今更キャラ変する気は無いよ〜ん♪」

「あはは。やっぱポン助だ。」

 

友達とこんな話をしていたらしい。

周りは「モテ」を意識する多感な思春期。

そんな中に相変わらずの俺流中2病(笑)

ポン助の現在の頭の中は↓

(勉強<冬休み<クリスマス<スキー)

こんな感じだろう。

 

今週末は天気も崩れそうなので

遠方のスキー場に行くには

少し勇気が要りそうだ。

近郊のスキー場は

あちこち延期になっているので

1時間圏内で探してみよう。

 

「うぉーカッコ良いー!ピカピカだ!」

「さっき届いたよ♪」

「今日一緒に寝たいくらいだ。」

「起きたらエッジで体中切れとるわ。」

「怖い怖い(笑)」

 

購入後にそのまま

チューンナップに出していた

ポン助の新しいスキー板を

指導者が持って来て下さった。

恐らくこの板が

ポン助のアルペン時代の

最後の相棒になるだろう。

長めのGS板なので

レース終了後は

級別1級以上の検定に挑戦する時に

大回り用として使用予定だ。

 

私は丁度

他の板のワックス作業中だったので

直ぐにベースワックスを入れて

雪山に飛び出せる状態に仕上げた。

 

さあ

いよいよ最後のシーズンなので

思い切り楽しんで行こうか♪